このエントリーをはてなブックマークに追加

Apr

25

GDS 010 Croquet & AR 〜 ライブ・コラボレーション時代のARコンテンツ開発

GDS: Global Digicon Salon

Organizing : 「ホロス2050」グループ

Hashtag :#mosa
Registration info
参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

お申し込みと詳細は、Peatixでお願いします。

https://global-digicon-salon-010.peatix.com

Global Digicon Salon 010
Croquet & AR 〜 ライブ・コラボレーション時代のARコンテンツ開発

2021/04/25 (日)
10:00 - 12:00 JST

概要
第10回めとなる 「グローバル・デジコンサロン 010」は、日本時間で2021年4月25日(日)10:00〜12:00(日本時間)、米国西海岸時間で2021年4月24日(土)18:00〜20:00、グローバルなスケールで開催します。テーマは「Croquet & AR 〜 ライブ・コラボレーション時代のARコンテンツ開発」です。Croquet(クロケー)は、 米国Croquet Corporationが開発した、次世代5Gインターネットで本命と目されている、従来にない全く新しいライブ・コラボレーション環境です。

先々月(2021年2月)に開催した「Global Digicon Salon 008 Croquet〜5G・ARライブ・コラボレーションの新世界」では、参加者が実際に日本で初めて「オンライン上でコラボレーションできる空間」を体験しました。YouTubeで公開中の当日の記録映像
https://youtu.be/gMZX4JnRaRk

も大変大きな反響を呼んでいます。

今回は、このCroquet環境の中で最もわかりやすく、かつ、本格的に「世界を変える」テクノロジーであるAR(拡張現実)について、現状はどうなっているのか、コンテンツ開発はどうすればいいか、どのようなデバイスでどう体験するようになるのか、といったことについてディスカッションします。

基調講演をしていただくのは、MOSA(Multi-OS Software Artists)代表のいけだじゅんじさんです。続いて、いけださんとともにARなどを活用した「支笏湖デザインプロジェクト」を手がけている千歳科学技術大学教授の曽我聡起さん、そして、AppleからApple Distinguished Educatorとして選定され、国内外の教育者と連携して日本の学校教育の変革に取り組む佐賀龍谷学園龍谷中学校教諭の中村純一さんに、教育現場における「ARとCroquet」の現在と将来展望についてお話していただきます。

そして、テクノロジーライターの大谷和利さんに「Appleの未来戦略」という観点からお話していただき、最後にCroquet Corporation共同設立者の大島芳樹さんに「Croquetの現在と未来」という観点からお話ししていただいた上で、皆さんでパネルディスカッションを行います。

今回もまた、参加者全員でCroquetのライブ・コラボレーションを実際に体験していただきますが、さらに実際にARを体験していただくために、スマートフォンやタブレット(iPhone、Androidスマホ、iPad)をお手元にご用意してご参加いただくことをお奨めします。

詳細・お申し込みは...
https://global-digicon-salon-010.peatix.com

発表者

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

いけだじゅんじ

いけだじゅんじ published GDS 010 Croquet & AR 〜 ライブ・コラボレーション時代のARコンテンツ開発.

04/12/2021 22:49

GDS 010 Croquet & AR 〜 ライブ・コラボレーション時代のARコンテンツ開発 を公開しました!

Group

札幌Swift

Number of events 149

Members 192

Ended

2021/04/25(Sun)

10:00
12:00

Registration Period
2021/04/12(Mon) 22:49 〜
2021/04/24(Sat) 23:30

Location

オンライン

オンライン