このエントリーをはてなブックマークに追加

1月

12

iPadでAR雪だるまを作ろう(イラスト編)

写真・イラスト・テクスチャーの付け方

主催 : MOSA + 札幌Swift

ハッシュタグ :#MOSA
募集内容

ワークショップ

1000円(会場払い)

先着順
6/14

イベントの説明

札幌Swiftでは、MOSA Multi-OS Software Artists との協力により、iPad Swift Playgroundsで楽しむプログラミング・ワークショップを開催いたします。(イベント画像は、当日配布・体験予定のAR(拡張現実)雪だるまです。

MOSA
http://www.mosa.gr.jp

MOSAは、プログラミングをする方を応援する団体です。


開催当日、同じ会場で4つのセッションを行います。

【iPadでAR雪だるまを作ろう(彩色編)】14:40〜15:40
https://sapporoswift.connpass.com/event/112733/

【Xcode 最初の一歩・画面を知る】16:00〜17:00
https://sapporoswift.connpass.com/event/112746/

【iPadでAR雪だるまを作ろう(イラスト編)】このセッションです。
https://sapporoswift.connpass.com/event/113333/

【やってみようXcode 気軽にハンズオン】 18:40〜19:40
https://sapporoswift.connpass.com/event/112749/
4つのセッションすべてお申し込みの場合1000円お得な計3000円に割引します。
ぜひご検討ください。

学生割引:【Xcode 最初の一歩・画面を知る】とハンズオン両方参加で計1000円に割引します


AR雪だるまを作ろう(イラスト編)

とことん楽しむプログラミング!

iPadで自分で撮った写真やイラストでAR雪だるま作りに挑戦しましょう。

iPad Swift Playgroundsで挑戦するプログラミングは、わずか1ページのコードから初めて、本格的なAR(拡張現実)に挑戦できます。デジタル教材・デジタル教科書の可能性を秘めた、同アプリ、Playgroundsでコーディングを始めましょう。

ワークショップで提供する iPad用 Playground Bookフォーマットは,iPad上でプログラム自体の説明・解説をそのまま動かすことが可能です。出来上がっているアプリと異なり、自分自身でコードを書き記し、新しいことに挑戦することもできます。

この「イラスト編」では、最初にPlaygroundsでAR雪だるまの作り方、コーディングとプログラムの仕組みを紹介します。さらに、iPadの無料アプリ(Keynote)を使って写真やテクスチャ、自分で描いたイラストを付ける方法を紹介します。自分だけのAR雪だるま作りに挑戦してみましょう。
イベント画像の「イノシシ」のイラストは、フリーイラスト素材サイトのイラストレインを利用しました。ありがとうございます。
https://illustrain.com


開催日時

2019年1月12日(土曜)
 受付
  17時10分
 ワークショップ
  17時20分〜18時20分

会場

さっぽろ創世スクエア
 札幌市民交流プラザ 2階
 SCARTS ミーティングルーム2
 060-0001 北海道札幌市中央区北1条西1丁目 2丁目
札幌市営地下鉄東西線、南北線、東豊線「大通」駅 31番出口から徒歩約2分
※地下鉄大通駅地下通路直結
https://www.sapporo-community-plaza.jp/access.html

参加費

1,000円(税込)
 iPad専用プレイグラウンド・ブック(電子媒体)を配布いたします。

募集人員

14名

内 容

・iPad Swift PlaygroundsでAR・拡張現実を試します。
※AR・拡張現実は、iPadの画面を通して見る実写映像にプログラムで追加したイメージが合わせて映し出されます。あたかもそこにそのイメージ・情報があるように見えます。

対 象

・iPadをもっと色々と使ってみたい方。
・iPhone, iPadなどのiOSアプリ・プリグラミングに興味のある方
・中学生以上の一般の方。
・小学生でも興味がある方は参加可能ですが、保護者同伴でお願いします。
 (付き添いの方は無料ですが、参加登録をお願いします。)

必要なもの

特にありません。ご自分のiPadで試しながら参加いただくことは可能です。
Swift Playgroundsをインストールしてお持ちください。
ワークショップは、iPad(iOS 12)で行います。
※ハンズオンではありませんので、時間通りの進行になります。

問い合わせ

質問、問い合わせなどは、フィードのコメントにお願い致します。


講師について
写真集、iOSアプリをリリースしています。
ステレオ3D写真集、Stereo3D KITAシリーズなど
https://apple.co/2NonAn2
iPhoneとLEGOブロックで撮った作品など Apple iBooks Store
https://apple.co/2uzhzNm
サーモグラフィック写真集などアマゾン・キンドルストア
https://amzn.to/2O5u2Rk
ステレオ3D撮影の最適な条件を計算するためのiOSアプリを公開しています。
RittaiCalc3D
https://itunes.apple.com/jp/app/rittaicalc3d/id424775719?mt=8

追記

事前登録制ですが、空きがある場合は、当日参加も可能です。
ワークショップは、iPad(iOS 12)で行います。

iPadとSwift Playgroundsについて

iPad(iOS 10.3以降対応)は、アップルのプログラミング・アプリ「iPad Swift Playgrounds」が使えます。
この Playgroundsにプログラミング学習用の教材が揃っていることは、よく知られていますが、iPhone, iPadなどのiOSアプリの仕組み自体、その全てを試すこともできるのはご存知ですか。
アプリを、次の二つに大きく分けると、
・見た目(ユーザーインターフェース)
・中身(プログラム)
iPad Swift Playgroundsは、後者の中身(プログラム)は、ほとんどすべてを試せます。(ほとんどすべてというのは、例えば、iPadには、iPhone XのTrueDepth カメラは付いていません。)そして、前者・見た目(ユーザーインターフェース)は、少し制限はありますが、その基本的な動作は試すことができます。

私自身も、iPhoneアプリの開発では、プログラムの動作・アルゴリズムはiPadで試しています。MacBookと違い、思い立ったらその場で直ぐに試行錯誤できるのでとても便利です。
この機会にぜひ、Swift Playgroundsでプログラミングの世界を楽しんでください。

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

いけだじゅんじ

いけだじゅんじ さんが iPadでAR雪だるまを作ろう(イラスト編) を公開しました。

2018/12/17 21:59

iPadでAR雪だるまを作ろう(イラスト編) を公開しました!

終了

2019/01/12(土)

17:20
18:20

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

募集期間
2018/12/17(月) 21:58 〜
2019/01/12(土) 18:20

会場

さっぽろ創世スクエア

〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西1丁目 2丁目 (さっぽろ創世スクエア )

参加者(6人)

いけだじゅんじ

いけだじゅんじ

iPadでAR雪だるまを作ろう(イラスト編) に参加を申し込みました!

ざぞんび

ざぞんび

iPadでAR雪だるまを作ろう(イラスト編) に参加を申し込みました!

三浦秀治

三浦秀治

iPadでAR雪だるまを作ろう(イラスト編) に参加を申し込みました!

ToshiokiSoga

ToshiokiSoga

iPadでAR雪だるまを作ろう(イラスト編)に参加を申し込みました!

うなさく

うなさく

iPadでAR雪だるまを作ろう(イラスト編) に参加を申し込みました!

amnos39ra38

amnos39ra38

iPadでAR雪だるまを作ろう(イラスト編)に参加を申し込みました!

参加者一覧(6人)

キャンセルした人(1人)